コスパ◎な粉ミルクと50ml用計量スプーンの代用品

完ミ育児を始めました。粉ミルクはどれがおすすめですか?できればコスパがよくて、使いやすいやつがいいです。

そんな疑問に答えます

 本記事の内容

  • コスパの良い粉ミルクがわかる
  • 【悲報】配布終了した50ml軽量スプーンの代用品をご紹介
  • (おまけ)混合育児の子には「森永 はぐくみ エコらくパック」が便利な理由

筆者は1人目は完ミ、2人目は生後6ヶ月から完ミに切り替えた経験のある2児の母です。

コスパが良くて使い勝手の良い粉ミルクについて、詳しく解説します。

コスパ◎な粉ミルク「雪印メグミルク・ぴゅあ」「和光堂・はいはい」

国内販売の粉ミルクなら成分に大差なし→コスパで選ぼうと判断しました

赤ちゃんに与えるものなのに、コスパだけで選んで良いの?という声が聞こえてきそうですが。

私は、コスパで判断しました。

決め手は、日本国内で流通している粉ミルクは厚労省によって厳しく成分に基準が定められているのでメーカーによって大した内容の違いが無いから!です。

母乳に近い成分をウリに+αの成分を添加している商品もありますが、どれも大差はないと私は感じました。

ちなみにママ友に「どうやって粉ミルクを選んだか」質問してみたところ、コスパ以外には

  • 産院で使っていたものをなんとなく
  • 入園希望の保育園で使用しているミルクに慣れさせたくて

などの理由がありました。

コスパだけを重視するなら、1gあたり1.9円の圧倒的安さ!雪印メグミルク・ぴゅあ

※価格は記事執筆時点のAmazon参考価格です。

タイミングによって若干価格の上下はあると思いますが、およそ一缶あたり1600円で購入できると考えて良さそうです。景品(おしりふき)が1パックついてくる、2缶セットがコスパ◎。

コスパだけを重視するなら、雪印・ぴゅあが最強です。

created by Rinker
¥3,255 (2021/10/23 13:36:48時点 Amazon調べ-詳細)

しかしこの雪印メグミルク・ぴゅあ 、公式で50ml/100mlなどの大きな計量スプーンの用意がありません。これは完ミっ子には致命的!

しかし裏技があるので、次の章でご紹介します。

コスパの良さは第2位だけど、50ml計量スプーンありで完ミっ子におすすめ!和光堂・はいはい →配布終了しました

記事執筆時点で、Amazonで購入すると810g入りの大缶で1700円が相場です。景品(おしりふき付きの)2個セットがコスパ◎です。

created by Rinker
¥3,430 (2021/10/23 13:36:48時点 Amazon調べ-詳細)

こちら、2021年3月に50ml計量スプーンの配布を終了していました。

裏技がありますので、次の章で詳しく解説します。

【重要】粉ミルク・50ml計量スプーンの代用方法

完ミっ子には、50ml分や100ml分の粉ミルクを一気に計量できる大型スプーンが必須です。

過去には最大で5メーカーほどが50ml軽量スプーンを製造していたのですが、どういうわけだか2021年3月ごろに申し合わせたようにみんな辞めてしまいました。メルカリなどでは、中古のスプーンが1,000円を超えるなど相場が高騰しています。(雪印のすこやかだけ公式サイトで購入した際のおまけとして取り扱いがまだあるようですが、これもいつまでやってくれるか不明です)

【純正ではないけれど】粉ミルク用軽量スプーンは市販されています

調べてみたところ、粉ミルク用の軽量スプーンが市販されていることがわかりました。もちろん純正ではありません。スプーン1杯で、80mlのミルクを調乳するのに必要な粉ミルクをすくうことができるそう。

created by Rinker
ノーブランド品
¥398 (2021/10/23 14:28:31時点 Amazon調べ-詳細)

商品名に「E赤ちゃん用」とありますが、以下の粉ミルクは、ミルク20mlを作るのに必要な粉ミルクの重さが同じ(2.6g)なので各社の計量スプーンを使い回せてしまいます。

  • 森永・はぐくみ/E赤ちゃん
  • 和光堂・はいはい
  • 雪印メグミルク・ぴゅあ
  • 雪印ビーンスターク・すこやか

一方、明治・ほほえみは100mlに対して14g、グリコ・アイクレオは12.7gなのでそれぞれ微妙に誤差があります。

私は自前の50ml用スプーンがあったのでこれは購入していませんが、中古で1,000円のスプーンを買うよりはマシな選択肢なのかな?と思います。(ちなみにレビューを読むと、☆1をつけている方は液体80mlを軽量するスプーンと勘違いしているみたいですね。21/10/16のレビュー内容が詳しいので、信頼できそうです。)

(おまけ)混合育児には「森永 はぐくみ エコらくパック」が便利な理由

一般的に、粉ミルクは大きな缶(800g入り)やまとめ買いパックがお買い得です。

しかし開封後1ヶ月以内を目安に使い切ることが推奨されているので、新生児期や混合育児の家庭では使いきれずに捨てる羽目に・・・

それはもったいないので、800g缶を1ヶ月以内に使い切れないとわかったら「森永 はぐくみ エコらくパック」を検討してみてはどうでしょうか

この商品の最大の特徴は、缶じゃないこと!粉ミルクが400g入りの個包装になっているので、専用ケースに詰め替えて使います。缶じゃないから嵩張らないですし、安くまとめ買いしても1つ1つは小さいので無駄なく使い切れます。

「エコらくパック」のはじめ方は、次の通り。

① 初回のみ「はじめてセット」を購入します

created by Rinker
¥2,780 (2021/10/23 13:36:49時点 Amazon調べ-詳細)
  • 「はじめてセット」の内容
    • 粉ミルク はぐくみ 400g × 2個(アルミ包装)
    • 専用ケース(煮沸消毒・電子レンジ消毒OK)
    • 軽量スプーン(1杯で20cc分の粉ミルク)

② 2回目からはお得なめかえ用」を購入します

created by Rinker
¥3,817 (2021/10/23 13:36:50時点 Amazon調べ-詳細)
  • 「つめかえ用」の中身
    • はぐくみ 400g ×4袋 (2袋1セットが2つ)
    • 景品(現在はおしりふき)

つめかえ用を購入すれば、400gあたりおよそ960円ほど(1g=2.4円)。和光堂はいはいの小缶(300g入り840円ほどなので、1g=2.8円)よりもお得です。※いずれも記事執筆時のAmazonの価格を参考

以上、ミルク育児におすすめの粉ミルク情報をお伝えしました。

何か参考になれば幸いです。それにしても、どうして50mlの計量スプーンがなくなってしまったのでしょうか。続報あれば更新します。