混合育児から完ミに移行するためのスケジュール【実践編】

いま混合育児をしています。完ミに移行したいのですが、罪悪感があって決心がつきません。また完ミに移行する過程で、おっぱいトラブルが起こらないか不安です。

こんな悩みに答えます。

 本記事の内容

  • 混合育児から完ミに移行する決心がつく
  • 混合育児から完ミに移行するための具体的なスケジュールがわかる

筆者は第1子を混合育児でスタートし、生後3ヶ月目で完ミに完全移行しました。控えめにいって大満足の完ミ育児ライフを送ったので、完ミにすることに罪悪感を抱いているママさんが少なくないと知り、むしろ衝撃を受けました。

「完ミにしたいけど、どうしよう…」と悩んでいるママさんの育児ライフが楽しいものとなるよう、背中を押す内容になっています。

【お悩み相談】混合から完ミに移行したい・・・けど罪悪感がぬぐえない

「完ミにしたくてたまらない!移行スケジュールだけ知りたい!」という方は、ここは飛ばして、お次へどうぞ。

完ミにしたいのに、決断できないママさんたちのお悩みに回答してみました。

 

母乳がほとんど出なくて混合育児中です。今でさえ罪悪感でいっぱいなのに、完ミにしてしまったら子どもへの申し訳なさで潰れてしまいそうです。

罪悪感への対処法として1番サイアクなのは、自分の罪悪感を和らげたいがために子どものためにならない行動をとり続けることです。

あなたがどんなに罪悪感を感じても、その気持ちが子どものお腹を満たしてくれることはありません。罪悪感を消し去るには、行動を変えるか・感情を変えるかの2択です。

 

つまり、母乳が出るように行動するか・母乳が出ないことに引目を感じないように感情を変えるの2択、ということです。

 

でも完ミにしたいと迷っているくらいですから、母乳が出るように行動するのはもうおしまいにしたいですよね?24時間終わらない頻回授乳・・・超痛いおっぱいマッサージ・・・。

 

それなら「母乳が出なくてもOK!」という方向に感情を変える、というアクションが罪悪感の克服につながります。

 

おっぱいをあげる度に泣いたり、イライラしたり、それが子どものためになりますか?「ママが泣き叫んでもいいから、おっぱい飲みたい!」って、赤ちゃんがいつ言いました?赤ちゃんが「おっぱいじゃなきゃ絶対嫌だ!全然出てないけど、お腹が空いてイライラするけど、それでもおっぱいだけがいい!」って言ってないのに、一体誰に配慮して母乳にこだわるんです?赤ちゃんより大切な人います?ミルクおいしそうに飲む幸せそうな赤ちゃんの表情より、「母乳が一番よ!」と憚らない助産師さんの言うこと信じるんです???

 

ご自身に置き換えてみてください。成人してからお母様に「あなたのことは母乳で育てたかったんだけど、全然出なくて毎日辛くて、辛くて全く育児が楽しくなかった」と打ち明けられて、どう思います?筆者なら、「なんか恩着せがましいな」以外の感想が浮かびません。え?お母さんが育児楽しめなかったの、私のせい?自分のせいじゃない?ミルクあるのに勝手にこだわり続けたんじゃないの?それで辛かったとか言われましても・・・そうですか。って感じです。

 

子どもが気にしないことを、親がグチグチ気にし続けることほど気持ちの悪いことはないですね。

 

ミルクに移行して、全く問題ナシです。

 

子どもは私のおっぱいに全く執着してくれず、母乳よりもミルクの方を喜びます。母乳をあげようとしたらのけぞって嫌がるのが寂しいです。

母乳をあげたい理由が「寂しいから」以外にもあって、かつ母乳育児のための苦労を背負えるなら母乳でいけばいいんじゃないですか?

のけぞって嫌がるのは一般的に、母乳が出過ぎて溺れるような状態となり苦しい(授乳前に少し前搾りすると良い)か、うまく吸えない or 母乳が分泌されていなくてお腹が空くからの2択ですね。

 

「おっぱいに執着してほしい」以外に母乳をあげたい理由があるのなら、助産院にでも通って母乳育児が軌道に乗るまでコンサルティングしてもらうべきです。しかしただ「寂しいから」という理由だけだったら即ミルクに切り替えましょう。だって、赤ちゃんはミルクを望んでいるのですから。

 

赤ちゃん目線で考えたら、「こっちは生きるために必死にミルクを欲しがってるのに、寂しいからおっぱいを吸ってほしいとか親のエゴに構ってられんわ」って話ですよね。

 

即ミルクに切り替えてOKです。

 

2歳までは母乳がいいって聞いたので、なるべく母乳を飲ませたいです。

離乳食がはじまったら、母乳かミルクかなんてもはや誰も話題にしなくなります。

5ヶ月から離乳食が始まります。

 

筆者の子どもはいま1歳半を過ぎた頃ですが、焼き魚にマグロのすき身にもずくにメカブ・・・なんでも食べます栄養バランスのとれた健康的な食事というのは、普段の食事から摂取するようになるのです。

 

子どもがおっぱい離れしないならともかく、親のエゴで「2歳までは母乳!」とこだわるのははっきり言ってもはや宗教だと思います。1日3食食べる幼児に母乳をいくらか飲ませたところで、母乳を飲ませなかった子どもとどれだけ免疫面で差があるかなんて調べようがないですよね。その頃には食事内容も生活習慣も人それぞれ異なるのに、母乳のみがもたらすベネフィットを測定しようだなんて、科学的にも無理でしょう。

 

ちなみにWHOは2歳までは母乳、と言っていますが・・・WHOですよ?

 

世界は広いんです。きれいな水がない、栄養バランスの良い食事なんて取れないという国がごまんとあり、そういう地域に限って赤ちゃんが多いんです。

 

筆者は、WHOは少なからずこうした発展途上国を意識して「2歳まで母乳」と発信していると考えます。

これについて「WHOの言うことは栄養条件のいい先進国には適応しないと言う人がいるが、迷信だ」と某母乳推進ブログで叩いているかたがいらっしゃいましたが、それが「迷信である」というエビデンスは示しておられなかったので、根拠を聞いてみたいところです。

 

もちろん、2歳まで母子ともに無理なく2人ともハッピーで母乳育児が続くならやめる必要はないですよ?ただ、無理なのを我慢してそこに執着するのは頭が悪いという話です。

 

ご自身に置き換えてみてください。大人になってお母様から「あなた全然おっぱい卒業しなくて2歳まで母乳飲んでたのよ!」と暴露されたら恥ずかしい思いをするだけで済みますが、「あなたに免疫をつけて欲しくて、辛かったけど2歳まで母乳で頑張ったの」なんて言われたら、筆者なら殺意がわきますね。「私はあんたに達成感を与えるための道具なの???」って感じです。

 

ミルクをあげたら、太りそう・・・。

確かに、一時的に太るかもしれないです。筆者の子どもは混合育児の頃から成長曲線の常に上ギリギリにいました。ただし分量を守って与えていれば、成長曲線から外れることはないです。

つかまり立ち→伝い歩きをするようになれば面白いほど痩せていきます。

 

筆者の子どもの写真を見返しますと、生後7ヶ月がおデブちゃんのピークでした。それまでははちきれそうなくらい太っていましたが、1年後の今は人相も違うほどシュッとしています。久しぶりにあったママ友には必ず「すごく痩せたね!食べさせてないんじゃないの??」なんて冗談を言われるほどです。

 

もちろんしっかり食べてますし、脂肪が落ちた代わりに筋肉が強く、がっしりと良い体格に育ってくれています

 

ちなみに赤ちゃん期にまんまるプクプクに太っていると、道ゆくご老人にめちゃくちゃ褒められます。公園で歩いているだけなのに「太っていてよろしい!!」と太鼓判を勝手に押されたことも。

 

一度だけ知らないお婆ちゃんに「母乳?」と聞かれたこともありましたが、「まさかあ、ミルクですよ!」と言ったら「大きく育って良いわね!」と肯定されました。ポイントは、ばつが悪そうに「ミルクです」というのではなく、堂々と「やだぁ、イマドキ母乳だなんてありえないですよ!」というテンションで「ミルクです」と言い切ることです。相手は現代の育児の常識なんて知らないですから、勢いに押されて納得し、赤ちゃんが健康そうなことに満足して終了です。

 

母乳には免疫に良い成分がたっぷり入っていると聞きました。またSIDS(乳幼児突然死症候群)を防ぐ効果も期待されているんですよね?

免疫面のメリットについては、「初乳さえあげればOK」ってことで次いきましょう。SIDS予防については、要研究です。

免疫面でのメリットについては、特に初乳に含まれる成分の素晴らしさをよく耳にしますよね。ですから筆者も、初乳は頑張ってあげました。(搾乳して哺乳瓶であげましたけど)

 

皆さんも混合育児から完ミにしたいと悩んでいるくらいですから、おそらく初乳はあげられたことと思います。じゃあもう大丈夫です、ミルクにしましょう。

 

またSIDSの予防効果についてですが、これは筆者が完ミにするにあたって最も後ろ髪引かれたポイントです。しかしこの予防効果が、母乳に含まれている特定の成分…と言うように原因が明らかにされていないんですよね。つまり、なんでかわからないけど母乳っ子の方がSIDSのリスクが少なかった…というだけの研究結果なのです。

 

科学的根拠はないですが、見方によっては「単純に夜間も頻回授乳でしょっちゅう起きたり、添い寝したりしてるから眠りが浅くてSIDSになりにくいってだけでは?」と考えることもできちゃうわけですよね。筆者はこの説を信じることにして、あとはスヌーザヒーロー(睡眠時の呼吸監視装置)に任せて爆睡しました。

 

もちろん母乳の中の特定の成分がSIDS予防に効くという研究結果が出たら大後悔&全力で震え上がりますが、もしもそんなことが明らかになったら、ミルクメーカーが黙っちゃいないですよね。秒速でその成分を粉ミルクに添加して、終了です

 

私は母乳が出るほうなのです。母乳が全く出なくて困っているママさんもいるのに、たくさん出る私が完ミにするのは…と罪悪感があります

母乳出るマウントですか????その罪悪感、、、何???

母乳にするか完ミにするかはあなたとお子さんの2人だけの問題です。そこになぜ他のママさんの話が??もしかして、「母乳が出ちゃって困るんですマウント」ですか???

 

母乳が出なくて困っているママさんにしてみれば、大きなお世話ですし、そんな罪悪感もたれてもなんの救いにもならないですし、「母乳が出るのにもったいないかなぁ」なんて、マウントにしか聞こえません。

 

完ミにするかどうかは、ご自身とお子さんの間だけの問題です。他人の事情は放っておいて自分の問題だけにフォーカスしましょう

 

母乳育児に悩みゼロなら良いんです、母乳あげ続けるべきです。私たちは人間、ほ乳類ですから。ほ乳させるのは自然な営みですし、それで生きていけるようにDNAレベルで最適なプログラミングされているわけです。母乳育児でいけるなら、いきましょう。

でも、そこに無理が生じているから「完ミにしたい」と悩んでいるのでは?だったら、人間の素晴らしい発明品「粉ミルク」を使用しない理由はないです。粉ミルクは、超頭いい人類が頑張ってつくった母乳のパクリ商品です。使わない手はないです。

【実践編】混合から完ミへの移行スケジュール

混合から完ミに移行するのにかかる期間を知ろう

一般的に母乳の需給がそろって軌道に乗るのは産後3~4ヶ月と言われています。

もしあなたの母乳育児が軌道に乗った後でしたら、授乳1回分の分泌量を0にするのには1週間かかります。つまり1日の授乳回数が5回なら、完ミに移行できるまでは5週間です。

産後1ヶ月~母乳育児が軌道に乗る前までなら、授乳1回分の切り替えに必要なのは5~7日間と考えます。

新生児期のうちに完ミに切り替える場合は、全部で3~4日間もあれば完了します。

完ミへの移行は早ければ早いほど親の負担が少ないです。

混合から完ミへの移行スケジュール(お急ぎプラン)

乳腺炎などのおっぱいトラブルを防ぎながら、無理なく母乳分泌量を減らしていくスケジュールをご紹介します。計画的に完ミに移行できるので、完ミにしておきたいデッドラインが決まっている場合に役立ちます。(参考:「ジーナ式」)

↓母乳育児が軌道に乗った後の、想定です。産後3〜4ヶ月未満のママさんは、「1週目」「2週目」を適宜5〜7日間スパンに置き換えて考えてください。

授乳時間 朝7時(朝食) 昼11時(昼食) 昼14時30分(おやつ) 夜18時30分(夕食) 夜10時30分(寝る前)
1週目 母乳 ミルク 母乳 母乳 搾乳 ※
2週目 母乳 ミルク ミルク 母乳 搾乳
3週目 母乳 ミルク ミルク ミルク 搾乳
4週目 母乳 ミルク ミルク ミルク
5週目 ミルク ミルク ミルク ミルク

※夜寝る前に搾乳を行うと、夜間の胸の張りを抑えてくれるだけでなく、今出ている母乳の量を知るためのだいたいの基準になります。第3週目まで進んだら、搾乳時間を1日に3分ずつ減らしながら徐々にストップしていきます。完全に搾乳を辞める目安は、朝起きた頃におっぱいの張りを感じないか、搾乳しても60mlしか出なくなった頃です。

筆者の考えでは、厳密に上表のスケジュールを守っていく必要はありません。ストイックに取り組むべきなのは、例えば5週間後に職場復帰の予定があり母乳持ち込みNGの保育園に子どもを入れなければならない…など切羽詰まった場合のみかな?と思います。

混合から完ミへの移行スケジュール(ゆるゆるプラン)

母乳の量を減らすのは簡単です。

「母乳の分泌量を上げるために○○しましょう」と推奨されていることの、真逆をいけば良いのです。筆者の経験と巷の口コミを照らし合わせると、最も効果があるのはコレです。

母乳は全て搾乳し、哺乳瓶から授乳する

赤ちゃんが乳首を吸わなくなると、脳のプロラクチンという母乳生成ホルモンが発生しなくなります。赤ちゃんが吸えば吸うだけ母体の脳では「もっと母乳を作って!」という伝達回路が作動してしまうので、NGです。電動搾乳機で定期的に搾乳することで胸の張りを抑えながら、母乳分泌をフェードアウトすることができます。

筆者はこちらの、メデラの電動搾乳機「スイング」を退院してすぐにAmazonで購入しました。2020年6月からは、搾乳カップの角度を自由に調整できる新モデルが登場し、より使いやすくなったみたいです。

また常に哺乳瓶で与えることにより何ml飲んだかわかるので、ミルクの足し方を迷わなくて済むという別のメリットもあります。

もしどうしてもギリギリまで直母を続けたいと思われるのであれば、夜におっぱいじゃなくても寝かしつけられるようにしておいた方がいいです。夜間授乳をやめても母乳は急激にストップしませんが、日中の授乳をやめるとわりと一瞬で母乳がストップしてしまいます。そうなると、「夜だけおっぱい」の技が使えなくなって苦労するので、やめるなら夜が最初。最後に、日中の授乳です。

以上、混合から完ミへの移行スケジュールをご紹介しました。筆者は産後すぐからひたすら搾乳機を使いまくり、生後2ヶ月でかなり量が減ってきて、3ヶ月には完ミになれました。皆さんの完ミ移行も、トラブルなしでスムーズにいくことを願います。